会社設立にかかる費用ってなにがあるの?

これから会社設立をする際にどのような費用がかかってしまうのかを紹介しましょう
未分類

どう準備するべきか

By on 2018年1月24日

会社設立のための費用をどのように準備するべきかしっかりと考えておくことは大切です。資金調達をするのではなくて自己資金で始めるという方がいるかもしれません。しかし、予定とは異なる費用が発生してしまうのも珍しくありません。そうなると資金調達をしなければいけなくなるでしょう。

資金調達の方法としては、まずは補助金や助成金を利用することを検討してみましょう。国や自治体は事業者を応援するためのさまざまな制度を用意しているのです。支給要件を満たしているのであれば、審査を受けてそれに通ることでお金を得られます。基本的に返還義務のないお金となっているため、とてもありがたいものとなります。補助金や助成金についてはきちんと調べておきましょう。

握手資金調達のための一般的な方法としては融資を受けるという方法があります。融資制度もたくさん存在しています。国や自治体が資金を融資してくれる制度があるのです。銀行を利用するよりも利率が低く設定されていることが多いです。

ただし、銀行から融資を受けることにもメリットはあります。銀行との付き合いを続けることによって、より多くの融資を提案してくれるかもしれないからです。しっかりと返済をして事業も軌道に乗ったならば、事業拡大のための資金を銀行から融資してもらえるでしょう。

未分類

費用の詳細について

By on 2018年1月19日

お金

会社設立時の費用とひとことに言ってもさまざまなものがあります。まず、公証人手数料がかかります。こちらは株式会社の場合に必要であり、合同会社では必要ありません。また、定款印紙代が必要となります。こちらは電子認証定款の場合は必要ありません。さらに登録免許税が必要となります。これらの費用が一般的に会社設立で必要となるお金といえるでしょう。

ただし、実際にはさらに資本金を準備する必要があったり、事務所を用意するためのお金もかかってしまうでしょう。資本金というのは会社に預けておくためのお金となります。そのため、費用とはいえないのですが、実際に必要となるお金のため、きちんと考えておく必要があります。今は法律が改正された結果として資本金1円の株式会社も可能となっています。また、資本金が1000万円以下だと税制的に有利となります。1円では問題があるという場合には、最初は数百万円の資本金を設定すると良いでしょう。

その他の費用としては、会社の実印を作成するための費用印鑑証明書代などがあります。事務所で使うことになる事務用品を用意したり、事業を始めるための費用も準備しなければいけないでしょう。このように会社設立のためにはさまざまなお金がかかります。


⇒⇒⇒どう準備するべきか

 

未分類

会社設立の費用

By on 2018年1月18日

ビル会社の設立を検討しているならば、さまざまな準備をしなければいけません。まず、そもそもどのような事業をするのか計画を立てる必要があります。さまざまな事業やサービスを考えることができるでしょう。これからの時代に合った事業を展開することによって、多くの利益を上げることができます。計画性を持って事業について考えなければ失敗してしまうでしょう。

また、手続きや書類などについても考える必要があります。会社を設立するためにはいろいろな書類を準備しなければいけません。少しでも不備があれば受けつけてもらえません。また、さまざまな手続きをする必要があります。これらに時間がかかってしまうことは少なくありません。ただし、手続きや書類については代行サービスを利用してすべて任せてしまうという方法もあります。そうすることによって、別のことに時間を使えるようになるでしょう。

さらに会社の設立のためにはいろいろな費用がかかってしまうことも忘れてはいけません。会社設立というと輝かしい未来ばかりを想像している人がいるかもしれませんが、実際には準備のためにさまざまなことに気を配らなければいけないのです。特に費用についてはあまり意識していなかったという方がいるかもしれません。こちらではこれから会社設立をする際にどのような費用がかかってしまうのかを紹介しましょう。絶対に知っておくべき費用の問題について分かりやすく解説するため、参考にしてください。


⇒⇒⇒ 費用の詳細について